オーダー家具におすすめの素材はどんなものがあるの?

オーダーで家具を作る時にはいろいろな素材を使って、世界に一つしかないオリジナルの机や棚などを作ることができます。オーダーで家具を作る際に使用される素材には無垢材や集成材などがあり、好みの素材を選ぶことができます。無垢材は一本の木だけを使用して、木板や角材などに加工します。無垢材の木の木目は同じものは全く無く、使用する無垢材によって木目に違いがあります。よって、無垢材を使ってオーダーの家具を作ると、世界に一つだけの木目のテーブルなどを作ることができます。集成材はいろいろな寸法の木材を接着剤で接着して、テーブルや椅子などを作ります。無垢材を使ったオーダーの家具と集成材を使ったオーダーの家具は違いがありますので、無垢材と集成材のメリットとデメリットを解説します。

無垢材を使ったオーダーの家具のメリットとデメリット

無垢材を使用して作られるオーダーの家具は、自然の風合いがあることが大きなメリットになります。1本の木だけを使ってテーブルなどを作るため、完成したオーダーの家具は自然の温もりが感じられ、木目もとても美しいです。無垢材に使用される木は水分を多く含んでいるため、加工する前に十分に乾燥することが必要になります。乾燥が不十分だと反ったり曲がったりするため、加工技術が優れている業者にオーダーの家具の製作を依頼することが大切になります。無垢材のオーダーの家具は集成材のオーダーの家具よりも価格は高くなります。購入後もメンテナンスが必要なので手間がかかりますが、メンテナンスをきちんと行うと子や孫の代まで受け継ぐことができます。きちんと手入れをした無垢材のオーダーの家具は100年以上にわたって使用することが可能です。

集成材を使ったオーダーの家具のメリットとデメリット

集成材は主に松を使い、複数の木を接着剤で接着してオーダーの家具を作ります。複数の木材を使用するため、無垢材のように美しい木目の模様は出ず、高級感や美しさの点では無垢材の方が優れています。集成材のオーダーの家具のメリットは、無垢材よりも価格が安いことです。予算的に無垢材を使用することが難しい場合でも、集成材を使用するとオリジナルのテーブルや椅子などを製作することが可能になります。無垢材はしっかりと乾燥させないと反りや曲がりが生ずることがありますが、集成材であれば反りや曲がりはほとんど発生しないので、強度があって変形しにくいことが集成材のメリットになります。集成材は狂いが少ない素材ですので、まっすぐな直線のテーブルや椅子などを製作することができます。